我が家のルールのひとつに日曜日は「ご馳走日」というのがあります。
旦那の仕事の休みが月曜日なので 日曜日は一週間の仕事の締めくくりであり サービス業なので土日が一番忙しいからこの日曜日が一番身体が疲れてるから・・・と言う理由から 旦那が結婚する前から決めていたことでもあります。
最近では ほとんどお店はスタッフに任せていて 自宅で事務的な仕事をしてることが多い旦那ですが
土日だけはお店へ行って仕事をしています。
身体的には随分楽になったと思うのですが 「ご馳走日」は変更がないようです。

ご馳走日と言っても 私が好きなもの・・・私がご馳走だと思えるものを作れるわけではありません。
旦那にとってのご馳走は自分の好物だから・・・(^^ゞ
(お子様です。)

最近は旦那はダイエット中だったので あまりご馳走にはこだわらなかったのですが
最近ダイエットも大分ゆるくなってきて 久しぶりに「エビフライが食べたい」とリクエストされました。

エビフライ

「エビフライ」

旦那と結婚してからエビフライっていったい何回作ったかな?
いつのまにか エビの背も曲がらずまっすぐ揚げられるようになりました。
パン粉もいつからか 自分で作るパンをパン粉にして使っているので 完全に「我が家のエビフライ」になりました。
そのうち 旦那の好物は 「ご馳走日メニュー」じゃなく「我が家の味」になっていくような気がします。


この間 エビフライを作ったばっかりなのに スーパーでエビが安売りしていたので 急遽買ってきてしまいました。
冷凍保存も考えましたが 他にメインになる材料が手元になかったので
(冷凍庫にお肉があるけど解凍が面倒(笑))
そのまま エビを料理しちゃうことにしました。

エビコチュ

「エビチリじゃなくエビコチュ」

この料理は同じエビを使っていても旦那にとってはご馳走に入らないメニューですが
基本エビは好きなのでエビ料理は喜んでくれます。
ちょっと喧嘩したときとか 旦那のご機嫌をとりたい時にはエビ料理を作ってることが多いかもしれません。


<エビチリじゃなくてエビコチュ>
【材料】
ブラックタイガーエビ(大)     12尾
白ねぎ(みじん切り)        1本分
ニンニク(みじん切り)       1片分
片栗粉               適量
塩コショウ             適量
油                 大さじ2
●ケチャップ            大さじ3
●醤油               大さじ1
●酒                大さじ1
●砂糖               小さじ2
●コチュジャン           大さじ1弱(好みで加減)

【作り方】
①エビは尾の殻は残して殻を取り覗き 背わたを取って塩コショウして片栗粉をまぶす。●の材料は合わせておく。
②フライパンに油を敷き ニンニクのみじん切りを入れて炒め①のエビも入れてエビの色が変るまで炒め、いったん取り出しておく。
③同じフライパンに①の●をあわせたものを加え グツグツしてきたら②のエビを戻しサッと絡めたら火を止めて 白ねぎのみじん切りを加え 軽く混ぜ合わせて 器に盛る。
(あればパセリのみじん切りをかける。)

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ にほんブログ村 料理ブログ 幼稚園弁当へ




「料理ブログ」の「おうちカフェランキング」と「幼稚園弁当ランキング」に参加しました。
応援ポチッ よろしくお願いします。