我が家は圧倒的に肉料理が多いのですが
妻として、また母として・・・家族の健康を思うと魚料理もなるべく食べてほしい。
旦那はまあ、魚でも肉でもどっちでもいいよってときもあるので、良いんだけど、問題は息子!
最近やっと反抗期が落ち着いてきたかな?って感があって、穏やかなに話ができるようになったのですが・・・
いかんせん、魚が食卓に並ぶと怪訝そうな顔つきに・・・^^;
機嫌を損ねてまた反抗期にに戻ってしまうのではないかと、ドキドキしっぱなし。

魚料理5点

そこで考えたのが、魚料理でも息子が好みそうな調理法で・・・
魚もあれもこれもと手を出さず、オーソドックスな鮭とかクセのないカジキを選択
そんな努力の甲斐あって、魚嫌いな息子が絶賛してくれる魚料理のレパートリーが少しずつですが増えていきました。
今日はそんなレシピはまとめてご紹介させていただきます。

目標週に2日は魚料理!

できれば週に2回は魚メインの料理を食卓に並べたいんだけど・・・
魚料理をしたあとのキッチンに残る生臭さを旦那が嫌がるので
ゴミの日の前日にもってくるのがベスト
(うちだと月曜、木曜がゴミの日なので日曜とか水曜日に魚料理がいいのかな)
ただ残念ながら日曜日は「好きなものが食べたい」って言う感覚があって
(昔は「ご馳走日」と言っていました)
日曜に魚料理が食卓に並ぶと・・・旦那までイヤな顔をする^^;

そんなこんなで、私の希望としては週に2日だけど・・・
現実は週に1度になってしまっています。
もっと家族が喜ぶ魚料理を作れるよう私が精進していかないといけないですね^^;

 content内 レシピ名をクリックすると一気に(ワンクリックで)そのレシピへ飛びます。

【レシピ】鮭のフライタルタルソース添え

まずは安定の鮭!
旦那は鮭といえば「塩焼き」を好みますが・・・
タルタルソースが好きなので、この料理は「好きな部類」に入ります。
息子は揚げ物が好きなのと、もちろんタルタルソースも好きなので(^^)
家族みんな大好きなメニューのひとつです。

鮭のフライタルタルソース添えのレシピはこちら

【レシピ】カジキのフライ青のり風味

そして同じく揚げ物で・・・魚はクセのすくないカジキを使用
衣には青のりを加えました。
磯の香りが魚の臭みも抑えてくれるので更に食べやすくなります。
青のりの風味が好きな息子も大喜びでした。

カジキのフライ青のり風味のレシピはこちら

【レシピ】鱈のハーブチーズカツ

続いて・・・カジキと同じくあまりクセがない鱈のフライ
衣にはハーブと粉チーズをプラス。
ハーブだけだと敬遠されそうだったので、粉チーズをくわえたんだけどこれが好評で(^^)
「次は鮭で!」って言われたりもしたんだけど・・・息子からも合格をいただきました。

鱈のハーブチーズカツのレシピはこちら

【レシピ】鮭とオクラの南蛮漬け

これはかなり冒険しました^^;
もしかしたら食べてくれないかな~って思ったりもしたんだけど・・・
甘酸っぱさが気に入ってもらえたのか、鮭だったからか・・・(息子が唯一好んで食べてくれる魚)
これが鯵だったらたべてくれないんですけどね^^;
鮭にして良かった♡

鮭とオクラの南蛮漬けのレシピはこちら

【レシピ】サバとナスの甘辛炒め

ここはちょっと反則かな?
流行りのサバ缶レシピです。
サバと言えば王道の「塩焼き」、残念ながら息子は食べてくれなかったので、まずはサバに慣れてもらうのを目的としてサバ缶をチョイスしてみました。
最初は抵抗があったようだけど、なんとかOKが出て、ちょこちょこ食卓に登場するようになりました。

サバとナスの甘辛炒めのレシピはこちら

食べず嫌い克服をめざして

魚だけじゃなく、野菜も苦手な息子
食べず嫌いなものが多く、最近はどんな料理も一口だけは食べるようにと言っているので、だいぶマシにはなってるのですが
その一口で「なんやこれ?美味しいわ」って、あっさり克服できる食材も結構あるので前ほど偏食ではなくなってきています。

でもまだまだ・・・先は長い^^;
私自身は、ほとんど好き嫌いがないので「美味しいものいっぱいあるんだよ」ってことを息子にできるだけ伝えたいと思っています。
野菜より魚介類はハードルが高い・・・
特に貝類が全然ダメで^^;
これからの課題でもあります。


LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。


deni2

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す!


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。