5泊6日の海キャンプも無事終え、昨日の深夜に帰宅。
そしてさらに早朝(6時)からキャンプ道具の片付けに追われ…
やっとただいまひと段落。

明日からまた息子は塾通いです。
息子は学校の宿題と塾の宿題に追われ、奮闘中。

帰ってきてやっぱり思う。
「お家が一番だ…」

そんなお家最高!と感じながら昨日までのキャンプの残りのご飯をアップしていきたいと思います。



ローストビーフです。
でも今年のローストビーフはいつもとちょっと違います。

なんとなんと「燻製」です。
普通のローストビーフは先に牛肉に焼き目をつけますが
燻製ローストビーフの場合は「熱燻」と言われる上下から炭で熱するので、自然と焼き色がついていきます。 




燻製ローストビーフ

材料(4人分)

牛もも肉(ブロック):400〜450g
塩コショー:少々
さくらチップ:適量

作り方

(下準備)
ダッチオーブンにアルミホイルを敷き、さくらチップをたっぷり敷き詰め、網を置き、蓋を少しずらして置き さくらチップから香りと煙が出てくるまで熱する。
(下火中火、上火強火になるよう炭を置く)

1.牛肉は塩コショーを振り、表面が乾くよう網などに入れて天日干しにする。

2.牛肉より少し大きめに切ったクッキングペーパーの上に1の肉を置き、煙の上がったダッチオーブンの中の網の上に置く。

3.蓋を少しずらして置き、ときどき様子を見ながら20分くらい熱燻にする。

4.3に金串を刺して中の温度を確認する。
(温度計がらあれば55度くらい)

5.牛肉を取り出し、アルミホイルで包み粗熱を取り、食べる直前に好みの厚みに切る。


今回燻製ローストビーフは初挑戦で、また熱燻製も初でした。
たくさん煙が出たので(当たり前ですが)
若干ビビってしまって、予定より早き取り出してしまい、また温度を図るのも忘れてしまって^^;

結構レアに仕上がってしまいました。
でも…めちゃ燻製の香り♡
めちゃ美味しかったーーー!

これはまたリピ決定です。
次は落ち着いて好みのローストビーフの焼き加減にしたいと思います。

【おまけ1】


コンビニのおにぎりの海苔の部分を剥がし、醤油を塗り、味噌を塗ったリピして炭火で焼きます。
バーナーでさらに焦げ目をつけて焼きおにぎりを(^^)

市販のおにぎりを使えば
おにぎりを握る手間が省けるので
これまた手軽にできる焼きおにぎりでアウトドアにもオススメです。



最終日の15日はこの浜で花火大会があるので花火を見たから帰ることにしました。

早朝にテントを撤収。
さらにタープも撤収。
代わりに簡易のヘキサタープを設営、テーブルと椅子、着替え用のミニテン、クーラーボックス移動し、場所も少し海よりに設置。

このヘキサタープ
かなりの年代物ですが
設営も楽でコンパクトなので収納場所もそんなに取らないので
使用する使用しないは別にして
いつも持参しています。
今年は使用することになりました。

花火終了後すぐに撤収できる組み合わせです。

【おまけ2】
キッチン関係も片付けてしまったので最終日は近くの鮮魚屋さんでお刺身と生牡蠣を購入。
(事前に予約)


うーん豪華♡

最終日は海水浴も早むに済ませ、これまた近くの温泉で疲れを癒し…
花火もしっかり楽しみ…

片付けも手早く済ませました。

さー帰ろうと車に乗り込んだ1分後…
雨がパラパラ
ついさっきまで星も見えるくらい晴れてたのに…びっくり。さらに5分後ゲリラ豪雨並みの大雨に。

なんて良いタイミクングで撤収できたのか…今年はツイてるな〜(^^)

deni2


LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。


「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ