今日もパンレシピ 
過去記事を整理しながら・・・パン作りのモチベーションをアップさせています(^^)

グラハム粉入りバターロール

**応援ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。о(ж>▽<)y **

 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ 

 


手作りパン

グラハム粉入りバターロールのレシピ

レシピ グラハム粉入りのバターロール

材料(作りやすい量)

強力粉:450g
グラハム粉:50g
砂糖:50g
塩:7g
ドライイースト:6g
ショートニング30g
牛乳:300ml
卵(照り用):適量

作り方

【1】ニーダーのボウルに強力粉、グラハム粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れて混ぜ、牛乳を少しずつ加え捏ねる。一塊になってきたらショートニングを加え10~15分捏ねる。
【2】そのまま一次発酵(50分~60分)をしてからひとつ45gずつにわけベンチタイム。(10分)
【3】生地を円錐形に整え生地の細い方からめん棒を転がして、均等の厚さにし、太い方から巻いて巻き終わりをしっかり閉じる。
【4】巻き終わりを下にして オーブン皿に並べ 35℃で40分くらい2次発酵。
【5】照り用の卵を塗って、オーブン180度で12分焼成。

ストウブでちりぎパン

ストウブでちぎりパン

ストウブで作る場合は

粉の量は300gくらい。

この生地だと粉は500g分になるのでだいたい2/3位の量をストウブのちぎりパンにまわすとちょうどいい感じになります。

全生地の2/3量を8等分に分け、オーブンペーパーを敷いたストウブに並べます。
(生地残り1/3量をバターロールに) 蓋をして230度で15分 蓋をとって200度で15分焼き上げます。

グラハム粉と全粒粉の違いについて

今回はグラハム粉を使用しました。

全粒粉とは
小麦粉の一種。小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にしたものである。

 

グラハム粉とは
正確には製法が一般的な全粒粉とは異なります。
グラハム粉は全粒粉の一種です。
その製法は、まずは胚乳を分けて通常の小麦粉を作り、表皮や胚芽は別に粗挽きにして後でそれらを混ぜ合わせる手法をとります。大変手間がかかりますが、お互いの栄養素や風味を損なわないための製法といえます。

ともに精製された小麦粉に比べて食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富です。

 

**応援ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。о(ж>▽<)y **

 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ