今日は過去記事からの再投稿です。
ここ何年もパンを焼いていない私ですが・・・
昔(ブログをはじめた当初)は、本当毎日のように焼いていました。
今年こそは・・・っていつも思っているのですが、気が付けばもう4月
今一度過去記事を見直して・・・自分の背中を押していきたいと思います。

4月!
何か始めるにはちょうど良い季節ですからね♪
まずは・・・そのスタートとして過去記事から抜粋してこちらの記事を再投稿させていただきます。

パーカーハウスロールってご存知ですか?

ロールパン

折り目をつけバターを塗って2つ折りにして焼くと、焼きあがったらバターを塗った部分を簡単にパカっと開くことができるパンなんですが
ここに好きな具を挟んで頂くパンです。

パーカーハウスロールとは

パーカーハウスロール2

パーカーハウスロール(Parker house roll)とは
ボストンのパーカーハウスホテルのディナーブレッドとして高く評価され、一般に広まった。
バター、牛乳と少量の砂糖を加えた生地を丸く型抜きし、折り目をつけバターを塗って2つ折りにして焼く。鉄板に一つひとつを離して並べて焼く場合と、型にぎっしり並べて焼く場合がある。
「パーカーハウスロール」という名称は商標登録されていないため、同名の商品やレシピが多数存在する。
 引用:wikipediaより

【レシピ】黒糖パーカーハウスロール

パーカーハウスロール1

レシピ 黒糖パーカーハウスロール

材料(8個分くらい)

  • 強力粉:300g
  • 黒糖:30g
  • 塩:6g
  • スキムミルク:12g
  • ドライイースト:4.5g
  • ぬるま湯:180ml
  • 無塩バター:45g
  • 具材
    玉ねぎ:適量
    ブロッコリーの芽:適量
    トマト:適量
    照り焼きチキン:適量
    レタス:適量

作り方

  1. 粉類はあわせて混ぜ合わせる。ぬるま湯にドライイーストを加えよく溶かしてし、合わせた粉類を加えカードで素早く混ぜてひとかたまりになってきたら台の上にだし 捏ねる。

  2. 生地がまとまったら無塩バターを加えさらに捏ねる。ボウルに移し、ラップをして30度くらいで一次発酵させる。(50分くらい)

  3. 生地を60gくらいに分割してベンチタイム(15分)生地を楕円形にのばし、半分に溶かしバター(分量外)を塗り、二つ折にして30度2次発酵(40分くらい)

  4. 茶こしで強力粉(分量外)を振り、200度で12~14分焼く。焼きあがったらすぐ折り込んだ生地を開く。

  5. 焼きあがったパンに好みの具材を挟み サンドにする。(私は上記のも具材を使用)

 生地は黒糖を使用しているので色は少し濃い色をしています。

黒糖ロールパン

同じ生地でロールパンも
黒糖使用なのでいい色に焼き上がっています。

ロールパン2

今でもよく検索でヒットする我が家のキャンプパン

家でパンを焼かないのに・・・夏になるとキャンプ先(浜辺)ではほぼ毎年焼いている「ダッチオーブンやくちぎりパン」です。
人気記事(サイドバーに掲載)でも、最近上位にあがってきている記事でもあります。
春だからね(⌒∇⌒)
キャンプやアウトドアに出られてる方も多いのかな?と思います。
半月もするとゴールデンウィークが始めるし・・・もっと閲覧数も増えてくるかなっと思って、一緒にご紹介させていただきます。

 2016年に焼いたダッチオーブンで作ったちぎりパン

【キャンプでパン】我が家の定番!砂浜で焼くダッチオーブンちぎりパン : 楽しいキッチン*spice-cooking*

野外でもこれだけのパンが焼けるのだから・・・
今年こそは家でもしっかりパン!
焼いていきたいと思います♡

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。