今日は冷蔵庫の大掃除を兼ねて・・・野菜室にある野菜をたっぷり使用した煮物
これで野菜室もだいぶすっきりしました。
我が家の大掃除・・・やっぱりキッチンからスタートです。
(っていうかキッチンが一番時間かかるからね。)

DSC_2370

使用したのは主に根菜
大根(赤大根)
にんじん
ごぼう
さやいんげん
れんこん
あとは冷蔵庫から油あげと鶏肉を使用しました。

根菜がいっぱい食べられるさっぱり煮物

本日のContent

【レシピ】鶏肉と根菜の梅煮

DSC_2375
レシピ 鶏肉と根菜の梅煮

材料(4人分)

  • 鶏もも肉:1枚
  • 油あげ(大判):1枚
  • 大根(赤大根):1本
  • ごぼう:1本
  • にんじん:1本
  • れんこん:7cmくらい
  • さやいんげん:6本
  • 梅干し:3個
  • 煮汁
     出汁:300ml
     醤油:大さじ2
     砂糖:大さじ1
     みりん:大さじ1
     酒:大さじ1

作り方

  1. 鶏もも肉は一口大に切り、油あげは熱湯をかけて5cm角に切る。にんじん、ごぼうは皮をむき乱切りにする。れんこんは皮をむき1cm幅に切り半月切りにし、大根は皮をむき、5cm幅に切り4つ分に切る。

  2. 圧力鍋に1を入れ、煮汁の材料を入れ蓋をして強火にかけ、圧力がかかったら弱火にして2分加圧する。
  3. DSC_2352DSC_2355
  4. 梅干し2個は種を取り、包丁で叩いてペースト状にする。さやいんげんは筋を取り5cm幅に切る。2のピンが下がったら蓋を開け、梅干し、さやいんげんを加え、ガラスぶたをして1~2分煮る。
  5. DSC_2358DSC_2359
  6. 器に盛り、残りの梅干しを手でちぎって好みの量、トッピングする。
  7. DSC_2360
DSC_2365
梅干し、さやいんげんはあとから入れます。
(色よく仕上がります)

さらに盛り付け時にもちぎった梅を乗せるのがポイント。
もちろん大根は普通の大根でもOK
圧力鍋はワンダーシェフ「あなたとわたしの圧力魔法鍋を使用しています。
(今回2分加圧しましたが・・・1分でも良かったかな?ちょっと柔らかめに仕上がりました)

※圧力鍋の種類によって加圧時間が変わります。

日本ワインと楽しむ和風煮込み料理

DSC_2362

日本ワインファンバサダーの今月のワイン
登美の丘ワイナリーシリーズ 登美の丘 シャルドネ 2014

今月のテーマは「日本ワインと楽しむ和風煮込みレシピ」に合わせてみました。
根菜の風味と梅干しの風味で優しい煮物に仕上がりました。
登美の丘 シャルドネのちょっとコクのある味わいにもよく合います。

登美の丘 シャルドネの柑橘系の甘い香りと後味に感じるバター風味が根菜の香りにいい感じに合わさって、あとから加えた梅干しの風味が最後にまとめてくれる・・・そんな感じです。

deni2

白ワインだと魚介系の料理を合わせることが多いのですが、登美の丘ワイナリーシリーズ 登美の丘 シャルドネ 2014 は、白ワインだけどしっかりコクがあり、肉料理にもよく合います。
どんな料理も美味しく味わえるえ、赤ワイン好きの方にも自信をもっておすすめできる白ワインです。

登美の丘シャルドネ2014
deni2

ちなみに・・・大根は
先日レシピブログカップの三浦野菜さんの「紅くるり大根」を使用しました。

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

  にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ