ちょっと過去レシピからお菓子レシピを復活。
お菓子作りは苦手意識があって・・・最近あまりお菓子作りから遠ざかってるな~って思うことしばしば。

それどころかパン作りからも遠ざかる一方で
粉もの系・・・最近さわってないなってことにも気づきはじめました。

パン作りに関してはかなりハマっていた時期もあったので、できないわけでないのに
この・・・苦手意識を原因です。

まずは自己暗示!
私はできるんだ!ってことで・・・過去頑張っていた頃の記事を自分なりに見ていくと・・・
ありました。ありました。私にしては?頑張ってたぞ!って思える時期の記録

シュークリーム1


シュークリームを手作りするってちょっと敷居が高いと思っていた頃
でも!やってみようとがむしゃらに作っていた時代
我ながら上手にできたな~って関心していた記憶もしっかり残っています。

まだ少し気が早いけど・・・
来年はもっと粉ものも扱っていくぞ!・・・来年の目標かな。

バニラビーンズで本格的シュークリーム

シュークリームのレシピ

レシピ  シュークリーム

材料(分量:4~5人分)

無塩バター:100g
水:200g
塩:2g
小麦粉:120g
卵:3個
○牛乳:400ml
○バニラビーンズ:1本
○卵黄:4個分
○砂糖:100g
○小麦粉:大さじ4
△生クリーム:200ml
△砂糖:大さじ1
粉糖:適量
シュークリーム3

作り方

小鍋に水と無塩バターと塩を入れて火にかけ、バターが溶けて沸騰したら火から下ろし、振るった小麦粉を一度に加えヘラで混ぜる。
ひとかたまりになったら再び火にかけ、2〜3分よくまぜながら余分な水分を飛ばす。

1をボウルに移し、溶いた卵を少しずつ何回かに分けて入れ、その都度よく混ぜ合わせる。生地をすくってヘラから落ち切った時、ヘラに逆三角形に生地が残る感じにする。9mmの丸口金の絞り袋に入れる。

オーブンを200度に余熱し、オーブンシートを敷いた天板に5cmくらいの円形に絞り出し、水をつけた指でとんがりを押さえる。に霧吹きして200度のオーブンで10分、150度に落として15分焼く。焼けたら網に取り出し冷ます。(シュー完成)

カスタードクリーム材料○を小鍋にの牛乳を入れバニラビーンズの実をこそげ取り実とサヤごと入れて沸騰直前まで火にかける。

ボウルに卵黄と砂糖をいれ、白っぽくもったりするまで泡立て器ですり混ぜる。小麦粉を加え、よく混ぜ合わせる。こした4を少しずつ加え、馴染ませたら鍋に戻し、火にかけ泡立て器で混ぜながら沸騰させツヤが出るまで熱する。

5をバットに移し、底に氷水をあて素早くさます。3のシューに2〜3mmの口金で底から絞りいれる。好みで粉糖を振る。

ボールに△を加え8~9分立てに泡立てシューを半分にスライスしてカスタード、生クリームで2層のも作る。

シュークリーム2

スパイスの豆知識(バニラビーンズ)

バニラビーンズ

バニラの芳香には甘味を感じさせる効果があるので、うまく使えば砂糖の使用量を抑えることができます。
バニラビーンズは収穫・加工に手間暇がかかるので少々高価なスパイスですが
バニラエッセンスやバニラオイルでも同様の効果が期待できます。

バニラエッセンスやオイルは、バニラビーンズに比べると若干香味感は劣りますが、手軽に使えるのが魅力的です。
難点と言えば、 バニラエッセンスは香りが熱で飛んでしまうので焼き菓子にはバニラオイルや、クローブパウダーなどがおすすめ。
クローブもバニラの芳香に似た香りを持つので併用して使うのもいいですね。
ドリンクやアイスなど熱を加えないものにはバニラエッセンスを使うなど使い分けると料理の幅が広がります。

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

    にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ