今日はみやざきブランドアンバサダーとして宮崎県内視察の第2弾
ちょっと前後してしまいますが・・・
総合農業試験場
花き研究棟スイトピー見学の時のレポートをさせていただきます

DSC_9553

今日、1月21日はスイトピーの日なんですよ
そしてそのスイトピー!
なんと生産量は日本一
全国に流通しているスイートピーの50%以上が宮崎県産で生産されています。
宮崎県は、県独自の品種を育成することに力を注がれていて
みやざきオリジナルスイートピー」は、日本だけでなく、世界でも評価が高く
品質もよく、毎年、新種のスイトピーが花を咲かせています。

1月21日スイトピーの日

なぜ1月21日がスイトピーの日なのでしょうか(^^)
スイートピーの花弁は旗弁、翼弁、舟弁の3種類の花びらがあります。
旗弁が1枚、翼弁が2枚、舟弁が1枚
花びらの数が1・2・1なので1/21がスイートピーの日と言われるようになったそうです。

お花のことはあまり詳しくないので花びらの数とかもあまり知識がなかった私でしたが、このお話を聞いて、真剣に花びらを数えてみたりして・・・
なんかちょっとそれだけでもハッピーな気持ちになるから不思議です。

DSC_9551

宮崎から帰宅後、JPはまゆう様より「みやざきオリジナルスイトピー【式部三姉妹】が自宅に届きました。

こんな素敵なスイトピーの花束♡
花束にすると一段と目を引きます。
大阪ではこんな色鮮やかなスイトピー・・・見たことない^^;
スイトピーって松田聖子さんの「赤いスイトピー」の印象が強くて、「赤」のイメージだったのですが、こんなに色鮮やかなスイトピーが作れちゃうなんて・・・♡
本当に宮崎県の生産者さん、研究者さんたちの技術力、日々の努力に圧巻です。
(今、好きな花は?って聞かれたら、私、迷わず「スイトピー」って言うと思います)

スイトピーの品種

1997年から育成品種が栽培されるようになり、ムジカシリーズ神話シリーズ複色シリーズなど、どんどん新しい品種が栽培されています。
見学させて頂いたビニールハウスでも、まだ発表前の新しい品種のスイトピーを見せて頂くことができました。
もちろん撮影は禁止でしたが・・・(^^)

2017年12月19日に出荷がはじまった「みやびのかなで」という新しい品種のスイトピーは、どことなくシックな、ちょっと大人な色合い(ワインレッド系)

DSC01545

花の数も多く、今までのスイトピーは4輪だったものがみやびのかなでは6輪ついているそうです。
また、日持ちも長く、上が咲くまで下の花は散らず、しぼまずという・・・長く咲いていてくれるというのは、また花の命は短いものって思っていた私には朗報中の朗報♡

みやざきオリジナルスイートピー

DSC01578

花の日持ち検査では
気温23度(少し暑い温度を条件で検査) 普通だと8日くらい咲いているそうなのですが、宮崎のスイトピーは11日持つそうです。
また、23度ではなく寒いところ(今なら玄関など)に置くと1ヶ月近くもつらしく
寒さに強いそうです。
お花を育てるのが苦手な私ですが・・・そんなに長持ちするものなのね~ってびっくり、いろいろ心の中で反省?しながらお話を聴いていましたが、やはり、1から育てるのは全国どこでも・・・というのは難しいそうです。^^;
お花って春とか夏とか暖かい季節を想像してしまうのですが・・・これも宮崎県の研究の成果なんですね。
寒い季節に・・・こんな色とりどりのかわいい花を見ていられるのってなんか気持ちが温かくなって幸せな気持ちになりますよね♡
ますます宮崎大好きになってしまいました。

DSC_9567

今後も期待!

ダリア

もちろん、宮崎ではスイトピーだけでなく
ダリアラナンキュラスアネモネなど、他にもたくさんのお花を栽培されています。
現在も栽培特性がまだわかっていないところもあり、その栽培特性を解明も現在進行形・・・
また、育成だけでなく
球根の効率的増殖なども手がけているとか・・・
今後も目が離せませんね!

花

KaradaGood Miyazaki - カラダグッド宮崎

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。