牡蠣って美味しいよね。
・・・と言っても私、一番好きなのは生牡蠣♪
夏にキャンプで殻付きの岩牡蠣・・・レモンを絞ってツルンって一口(^^)
海のミルク♪最高!
でもまあ・・・年中食べられるわけではないので、今は今の時期の牡蠣を楽しむのですが・・・

カキフライ、牡蠣鍋も好きだけど・・・いろんな牡蠣料理の中で「オイル漬け」が生牡蠣の次に好き。

DSC_2251

最近真夜中に・・・
白ワイングラス1杯と牡蠣のオイル漬けを2粒をおつまみにするのがお気に入り。
なぜ真夜中?
なぜ2粒?

そのお話は後で・・・
まずはお気に入りの「牡蠣のオイル漬け」のレシピの紹介です。

【作りおき】牡蠣のオイル漬け

本日のContent

【レシピ】牡蠣のオイル漬け

DSC_2249
レシピ 牡蠣のオイル漬け

材料(4人分)

  • 牡蠣:300g
  • 塩:適量
  • オイスターソース:大さじ2
  • 醤油:大さじ1
  • オリーブオイル:適量
  • ローリエ:2枚
  • ブラックペパー:7~8粒
  • にんにく:2片
  • 唐辛子:1本

作り方

  1. 牡蠣は塩をまぶしてよく洗い、水気を切る。

  2. フライパンに油を引かずに1の牡蠣を入れて中火にかけ、水分を飛ばし、一旦牡蠣を取り出す。

  3. 2のフライパンをきれいにし、オイスターソース、醤油を入れて火にかけ、ふつふつとしてきたら2の牡蠣を戻し絡める。

  4. 煮沸消毒をした瓶に3の牡蠣を入れ、ローリエ、ブラックペパーにんにく、種を取った唐辛子を入れ、牡蠣にかぶるくらいのオリーブオイルを注ぐ。

  5. 半日~1日置いたくらいが食べごろ。残ったオイルはパスタなど他の料理にも使用できます。

真夜中のワインと牡蠣のオイル漬け

DSC_2250

さて・・・なぜ真夜中?
・・・って別にだれも気にしてないと思うけど
属に言う・・・ただの不眠症?みたいなもの。
旦那はだいたいいつも1時くらいに就寝なのですが・・・
同じくらいに一緒に布団に入ろうと思うのですが・・・いやはやそれから何度も寝返りうち、気がつけば2時、3時をさす時計の針を眺めている私。

なんかね、この時間もったいないな~って思うようになり
眠れないってイライラするより・・・この時間を楽しむことにしたんですよ。

よくよく考えたら
普段から毎日家に旦那いるし(基本家で仕事)、1階には旦那の母がいるし・・・
別に24時間顔を合わせてるわけではないけど
なんとなく「自分だけの時間」ってあるようでないような変な感じ。
1人でまったりしようって思っていても旦那のタイミングで「コーヒー淹れて」とか「ちょっと小腹すいた」とか突然部屋から出てくるから・・・え?これからゆっくりしようと思ってたのに~って思うことも多々。

誰にも邪魔されずに・・・まったりしたい。
そんなことも時々考えるようになって
一時、お気に入りの喫茶店へ朝、コーヒーを1人で飲みに行ったりもしてたんだけど
いちいち「どこ行くの?」とか聞かれて答えるのめんどくさいし・・・毎日のコーヒー代ももったないな~って思うようにもなり
最近は行かなくなって

そんな時に不眠症
別に喜ばしいことではないけれど・・・
夜って静かでいいやん
2時過ぎ、3時過ぎまで起きてる・・・さすがに眠くなってきて、布団に入るとちょうどいい感じに眠れる。

これはいいぞ!って感じで、夜を楽しんでいたりします。
あえてパソコンはしないあえてパソコンはしない!とか、そんなルールも作ってみたりして・・・
Amazonプライムの無料映画を見たり、昔のドラマを見たり、ワインを飲んだり
(真夜中なのでビールは控えています)
誰にも邪魔されない

長くなりましたが
そんな真夜中のワインのおつまみに最近牡蠣のオイル漬けがお気に入りです。

でもね・・・おつまみをつけるのは白ワインの時だけ。
赤ワインの時は・・・おつまみなし、アテなしで飲むのが好き♪
赤か白か・・・それはその日の気分だけど。

昔は赤好きだったけど・・・最近白ワインの良さもわかり始め・・・夜な夜なワインがしまわれている棚を開けてニヤニヤする私。
不気味です。
でも真夜中のワインはあまりたくさん飲むと逆に眠れなくなるので・・・(飲んでも眠くならない人)
グラスに1杯だけと決めています。
なので牡蠣も2粒くらいがちょうどいい。

グラスに一杯だなんて・・・私にしてはお上品♪
(「いっぱい」じゃなく「一杯」ね。ちゃんとグラスに1/3位の量です。)

・・・というお話でした。

長々とどうでもいい話にお付き合い頂きありがとうございます。

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

  にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ