今日はちょっとコーヒーについて書きたいと思います。
私・・・実はコーヒーが大好きなんです。
お家で飲むコーヒーも毎回、豆から挽いて、挽きたてのコーヒーを飲んでいます。
コーヒーミルは電動のものを使用していましたが、最近手動のミルを購入。
自分でくるくる回して・・・香りと豆が砕けていく感じを体感するのも毎日の楽しみでした。

コーヒー自体はコーヒーメーカーではなく、ドリップして淹れていたのですが・・・
最近「サイフォン」を購入しました!

DSC_9997

サイフォンってご存知ですか?
wikipediaより参照

コーヒーサイフォンは
フラスコ内の気圧の変化を利用して湯を移動する仕組みを持った、コーヒーを抽出するための器具である。
まず、下側の容器を加熱して、水を沸騰させ蒸気圧による加圧により上側の容器へ湯を移動させ、コーヒー豆の粉からコーヒーを抽出する。
次に、下側の容器への加熱を中断し冷却すると水蒸気から水への凝結により減圧が起き、大気圧により上側の容器から下側の容器に抽出されたコーヒーが押し戻される。
この時、濾過布による濾過によりコーヒー豆の粉が分離される。

コーヒーができあがるまでの過程が目でも楽しめる・・・コーヒー好きには憧れのアイテムです。

コーヒーはブラック派!

私がコーヒー好きになったのは高校生の頃
中学生の頃は紅茶は飲んだことあったんだけど、コーヒーは飲んだことがありませんでしたが、コーヒーは特に美味しいって思ったことがなかったので、特に自分から注文して飲むこともありませんでした。

DSC_9995

そんな中、近所の喫茶店でバイトをはじめたのですが
その喫茶店はサイフォンでコーヒーを淹れていました。
その喫茶店は豆の販売もしていて、休憩のたびに淹れてくれるコーヒーもいつもブルーマウンテンとか、めちゃ高級な豆で淹れてくれました。
美味しいコーヒーだからと、砂糖もミルクも入れさせてもらえなかったのでずっとブラックで飲まされるという・・・実はこの時はじめてコーヒーというものを飲んだのですが、ただただ苦くて(T△T)
休憩の時間、かなり苦痛でした。

でもマスターのコーヒーのうんちくを聞いているうちに、いつのまにかその苦みも美味しく感じるようになり、今に至っています。
その後、缶コーヒーを飲んだ時にあまりの甘さに吐きそうになって、それ以来コーヒーはずっとブラック派です。

サイフォンで淹れる極上コーヒータイム

DSC_9998DSC_0001

沸騰した湯をフラスコに注ぎ、アルコールランプに火をつけて、挽きたての豆をロートに入れて、フラスコの中で湯が沸騰したらロートを差し込み、湯が上がってくるのを待つのですが・・・
この作業だけでもめちゃ楽しい♡
湯がロート上がってきたらヘラでコーヒーの粉と湯を撹拌して、45秒くらいそのなまま1分を超えないことが大事!
1分を超えると雑味が出ると言われています。

DSC_0002DSC_0003

実は、バイト時代にもサイフォンでコーヒーを淹れるのを教えてもらったことがあるのですが、高校時代の思い出もほとんど忘れてしまっている私ですが、不思議ですが、このコーヒーの淹れ方については結構しっかり覚えていて(^^)
探り探りではありますが、めちゃ懐かしくて、かなり興奮しながら淹れてました。

火を止めたらすぐ、またヘラでロートの中を撹拌します。
その後、ロートからフラスコにコーヒーが落ちてくる♡
この瞬間が一番幸せ~!!

DSC_0005

旦那と息子の前で・・・華麗にコーヒーを淹れる私♪(華麗かどうかは別として)
久々に浴びる息子からの尊敬のまなざし♡
部屋中に広がるコーヒーの香りも格別でした。

我が家のサイフォン&コーヒーアイテム

DSC_0006

不思議なもので、今までペーパードリップで淹れていたコーヒー豆で
いまいちだったな~って思う豆もサイフォンで淹れると美味しく感じたりして♪
やっぱりサイフォンですごいな~って改めて感動していたりします。
もっと早く買えば良かった~♡




DSC_0007

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。