今日はお魚料理をまとめてみました。
家族に人気なのは、ほぼ手間がかからない「塩焼き」ですが^^;
作り手としては、ちょっと物足りないもの
今日は私の大好きなスパイスやハーブをふんだんに使った、ちょっと手間をかけた魚料理を5点ピックアップしてみました。

お魚料理まとめ

一品目はオイルサーディンですが
フランスパンに乗っけたり、ディップにしたり、アレンジ自在です。
たっぷり作ってストックしておくと便利ですね。
他の4品は以前、スパイス・ハーブ料理教室で教室用に何度も試作して完成したもの。
私にとっては結構思い入れのある料理たちです。

ハーブとスパイスでおめかし魚料理

魚料理にはハーブやスパイスがよく合います。
スパイスやハーブを合わせることで魚の臭みを和らげ、香り付けをし、より美味しく食べやすく仕上がります。

 content内 レシピ名をクリックすると一気に(ワンクリックで)そのレシピへ飛びます。


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。

【レシピ】オイルサーディン

このオイルサーディンは、リオンドール東北スーパー店頭POPレシピにも掲載していただいた自信作!
イワシを12尾の処理は面倒臭いけど・・・それさえ済んだら後はお鍋にお任せです。

保存容器に移したら常にイワシが浸かるまでオイルを注いでおけば、長く保存しておくことも可能です。
(保存期間は2~3ヶ月と言いたいところですが、手作りなのでできれば1ヶ月くらいで食べきってほしいな~と思います。)

オイルサーディン
レシピ オイルサーディン

材料(作りやすい量)

いわし 12尾
塩 10g
水 1リットル
ニンニク 2片
赤唐辛子 1~2本
GABANローリエ 2枚
GABANクローブ 4粒
GABANブラックペパー(ホウル) 5粒
GABANホワイトペパー(ホウル) 5粒
オリーブオイル 適量

作り方

  1. 水と塩をボウルに入れ塩水を作っておく。いわしは頭と尾を切り落として、内蔵を取り除き綺麗に洗い好みで2等分にし、塩水に漬けて1時間くらい置いておく。
  2. キッチンペーパーで1のいわしの水気をしっかり取り、鍋に重ならないように並べる。
  3. 2に潰したニンニク、スパイス類を加え唐辛子は種を取り、薄く輪切りにして加え、オリーブオイルをひたひたになるくらいまで注ぎ、弱火にして30分くらい煮る。
  4. 3をそのまま冷やし、ローリエを除いてスパイスごと保存容器に移し冷蔵庫で1日くらいなじませてできあがり。

当時の記事はこちら

【レシピ】ケイジャンスパイス焼き

当時、ミックススパイスをイチから配合して作るのにハマっていた頃、「ケイジャンスパイス」を使いたくて作った魚料理
ケイジャンスパイスは魚だけでなく、お肉料理にも合うのでオススメのミックススパイスです。
ただまぶして焼くだけ!
手間がかかっているようでかかっていない・・・ご馳走メニューです。

ケイジャンスパイス焼き
レシピ ケイジャンスパイス焼き

材料(4人分)

カジキマグロ:4切れ
○ケイジャンスパイス(下記参照):小さじ1
オリーブオイル:大さじ1
バター:大さじ1
小麦粉:適量

ケイジャンスパイス(作りやすい量)
 パプリカパウダー 大さじ1
 ガーリックパウダー 大さじ1
 ブラックペパー 大さじ1/2
 ホワイトペパー 大さじ1/2
 レッドペパー 小さじ1/2~1
 オレガノ 小さじ1/3
 タイム 小さじ1/4
 ナツメグ 小さじ1/4
 塩 小さじ1/2強

作り方

  1. カジキマグロはよくペパーでよく水気を取り、合わせた○をまんべんなくつけて小麦粉をまぶす。
  2. フライパンにオリーブオイル、バターを溶かし、1を両面焼き付ける。

当時の記事はこちら

【レシピ】サーモンと胡桃のソテー

コリアンダーを砕いてまぶした、ちょっとスパイス料理の中でも本気の一品♪
パウダーではなくシードを使うことで生まれるスパイスの風味を楽しめる料理のひとつです。
こちら・・・何年か前に某レシピコンテストで受賞した料理でもあります。

サーモンと胡桃のソテー
レシピ サーモンと胡桃のソテー

材料(4人分)

鮭 / 4切れ
塩・胡椒 / 適量
卵白 / 1個分
○胡桃 / 20g
○コリアンダーシード / 大さじ1
バター / 大さじ1
オリーブオイル / 大さじ1
△ミニトマト / 10個
△バター / 60g
△ニンニク(みじん切り) / 2片分
△レモン汁 / 大さじ1
△コリアンダーシード / 大さじ1
△ナツメグ / 小さじ1/4

作り方

  1. ○の胡桃、コリアンダーシードを細かく砕く。(乳鉢または包丁で)
  2. 鮭に塩胡椒を振り、皮面(盛り付けたとき上になる部分)に卵白を塗り、1の砕いた胡桃とコリアンダーシードをまぶす。
  3. フライパンにバターとオリーブオイルを敷いて2の鮭を皮面を下(胡桃等をまぶした方)にして中火で焼く。
  4. 3をひっくり返して弱火にし、蓋をして鮭の中まで火を通し取り出し、キッチンペーパーなどでさっ拭いて綺麗にする。
  5. △でバターソース作ります。ミニトマトはヘタを取りみじん切りにします。コリアンダーシードは細かく刻みます。
  6. 4のフライパンに△のバター、ニンニクを加え香りが出るまで炒めます。5のコリアンダーシード、ナツメグを加え混ぜ合わせる。
  7. 5のミニトマトを加え、レモン汁も加えます。よく絡めたらソースが完成。4の鮭を盛り、7のソースをかけて出来上がり。

当時の記事はこちら

【レシピ】鯵のカルピオーネ

こちらイタリア版!南蛮漬けのような魚料理
さっぱりしていて・・・白ワインにもよく合います。
ハーブはフレッシュのものを添えて・・・より香りよく頂きます。

鯵のカルピオーネ
レシピ 鯵のカルピオーネ

材料(2人分)

鯵 / 2尾
玉ねぎ / 1/2個
人参 / 1/3本
塩こしょう / 少々
薄力粉 / 適量
揚げ油 / 適量
ニンニク/1片
ローズマリー / 1枝
白ワインビネガー / 100ml
蜂蜜 / 大さじ2
オリーブオイル / 大さじ1

作り方

  1. 鯵は三枚おろしにする。小骨も取り除く。食べやすい大きさに切り、塩こしょうを振りオレガノをまぶし薄力粉をつける。玉ねぎは薄くスライスし、人参は千切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ、潰したニンニクとローズマリーを加え香りが出てきたら取り出す。
  3. 3に2の野菜を加えしんなりするまで炒め、白ワインビネガー、蜂蜜を加え半量くらいまで煮詰め、バットに移す。
  4. 1を170度位の揚げ油で揚げ、熱いうちに4のバットに加え絡めて30分~1時間くらい漬ける。器に盛りつけ3の取り出したローズマリーを飾る。

当時の記事はこちら

【レシピ】鯵のフライオレガノ香るトマトソース添え

鯵のフライの衣にドライハーブを合わせて香りよく仕上げています。
しかしながら高温で揚げることでハーブの香りもほぼ飛んでしまうので・・・
ソースにもハーブを加えて・・・更に香りをプラス
魚の臭みもほとんどなく、美味しく召し上がれます。

鯵のフライオレガノ香るトマトソース添え
レシピ 鯵のフライオレガノ香るトマトソース添え

材料(4人分)

鯵:2尾
塩コショウ:少々
タイム(乾):少々
【A】パン粉:適量
【A】オレガノ(乾):少々
【A】バジル(乾):少々
薄力粉:適量
卵:1個
トマト:2個
にんにく(みじん切り):1片
塩コショウ:少々
【B】オレガノ(乾):少々
【B】バジル(乾):少々
オリーブオイル:大さじ1
揚げ油:適量

作り方

  1. 【A】を合わせ、鯵は開いて骨を取り除く塩こしょうを振りタイムを振って薄力粉、卵の順に衣を付ける。
  2. 170~180度の揚げ油でこんがりきつね色になるまで揚げる。
  3. トマトは細かく刻む。フライパンにオリーブオイルを注ぎ、ニンニクを加え火にかけ香りが出てきたらトマトを加える。
  4. トマトをつぶしながら炒め、塩こしょうで調味し、火を止めオ【B】を加え、トマトソースを作る。
  5. 器に4のトマトソースを盛り、その上に2を乗せ、できあがり。

当時の記事はこちら

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。