麻婆といえば豆腐!
たまに大根に変えたり、パプリカなど彩りの良い野菜に変えてみたり
色々アレンジして楽しんでいますが・・・
最近一番美味しかったと思う麻婆料理の具!「トマト」のご紹介

20180223-トマトの麻婆風炒め(縦画像)

トマトを大きめにカットして、たっぷり加えます。
アツアツのトマト!
トマトを熱を加えた方が栄養価も増すので、おすすめの一品です。

アツアツジューシートマト(火傷注意)

20180223-トマトの麻婆風炒め(横画像)

食べる時・・・想像以上にトマト、アツアツなので火傷注意です。
(私、味見の段階で火傷しかけた^^;)

トマトが赤くなると医者が青くなる
って言われるくらいトマトには栄養がたっぷり
トマトは加熱すると、リコピンが2~3倍吸収されやすくなるそうなので、是非!作ってみてください。

トマトの麻婆風炒め

トマトの麻婆風炒め by バリ猫ゆっきー / レシピサイト「Nadia | ナディア」プロの料理を無料で検索

トマトの麻婆風炒めレシピはこちら
トマトを加えたら、サッと絡める程度で
煮込みすぎると、トマトが崩れちゃうので、トマトの形が残ってる状態で火を止めてください。
でも、ちょっと崩れたトマトも美味しいので♪
時間差でトマトを加えるのもいいかも♡


我が家の万能調味料
ハナマルキさんの液体調味料
必ず2本くらいストックしています。もうすでに醤油より消費量が多い・・・
本当にお気に入りの調味料です。

湯剥きする?湯剥きしない?

20180223-トマトの麻婆風炒め(縦画像)

見た目・・・ちょっと皮が気になるところですが
リコピンは皮に多く含まれているので湯むきせずに皮付きのまま加えました。
湯剥きすると、すぐ煮崩れちゃうのもあるしね・・・
栄養面や食感からも湯剥きせずに加えることもポイントのひとつですね。

トマトに含まれるビタミンCは水溶性で、また熱に弱いので加熱しすぎず、さらにスープに溶け出したビタミンCを一緒に食す、飲む(笑)
ご飯の上にかけて丼もの感覚で食べるのもいいですね♪

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。