今日はサラダレシピです。
主役は豆苗!
豆苗って一年中、ほぼ一定価格、しかも安値で売られていています。
その上、根を水に浸しておくと再び芽が伸びきて再収穫でき、1度で2度楽しめます。
家計に優しい上に、さらにビタミン豊富で栄養価も高いという体にも優しい!

普段は炒めものに使うことが多いのですが、今回は生で、サラダとして頂いてみました。

20180224-柚子香る豆苗とキノコとささみのサラダ(縦画像)

豆苗はアクが少ないので下茹での必要がないので、実はサラダとしても美味しくいただけます。
若干青臭さが気になる・・・って方もいるようですが、その青臭さを補うよう、今回はゆずを使って爽やかさをプラスしてみました。

豆苗をサラダで食べる

20180224-柚子香る豆苗とキノコとささみのサラダ(横画像)

豆苗は室内の施設で栽培されていて、もちろん農薬は使われていないので流水でサッと洗うだけで食べることができます。
豆と根の部分より2~3㎝上の部分をカットし、タッパーなどに根が浸かるくらいの水をはり日当たりの良いところに置いておくと(毎日水を変える)1週間~10日くらいで再収穫できます。
(家庭菜園が苦手な私でも難なく再収穫できるまで育てられるので、とっても簡単です)

豆苗は、若干青臭い、苦いなどで生で食べるのを好まない方も結構いるかと思いますが・・・
少し食べてみて・・・苦手と感じる方は軽く湯通し(さっと熱湯をかけるくらい)しても良いかもしれませんが・・・「いける!」と感じた方は是非、トライしてみてください♪

【レシピ】柚子香る豆苗とマッシュルームとささみのサラダ

レシピはこちら
このサラダ・・・もう一つのポイントはマッシュルーム入り♪
何気にマッシュルーム大好きです。
マッシュルームも豆苗と同じく、生でも炒めても美味しく頂ける食材。
さらに、きのこ類で生で食せるのはマッシュルームだけなんですよね♪
(知っていても、若かりし頃はなかなかマッシュルームを生で食べようなんて思わなかったのですが)

そして、最大のポイントは「液体塩こうじ
ささみを加熱するときだけじゃなく、ドレッシングにもプラスします。
ドレッシングを作る時、塩の代わりに液体塩こうじを加えると、塩気だけじゃない麹の旨味もプラスされるのでワンランク上のドレッシングができるので、ドレッシングを手作りされる方は是非液体塩こうじ(粒入りの塩こうじでもOK)で作って見てください。


そして・・・ゆず!
普段ドレッシングと作るときはレモンを使用することが多いのですが(私は・・・ですが)今回は豆苗の青臭さを和らげるためにゆずを使用しました。
ゆずの絞り汁だけじゃなく、皮をけずって仕上げにふりかけます。
この一手間が美味しさのポイントです♪

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。