つくりおき」って本当長く流行っていますよね。
私も何度かトライしたものの
家族のうけが悪く・・・どれもこれも長続きせず
ただ、事前に作っておくころは私自身は楽なのでできたら「つくりおき」生活をしたいな~って内心ではいつも思っているんですけど

もともと冷たくい状態で食べれるおかずはいいんだけど
温かくして食べる料理に関しては、温め直し・・・という工程が必要なため、そうして出した料理は家族にも何か違う?という反応を返されます。
(贅沢な話ですが)

DSC_9041

でも自分の手間を省くために、何かないかな?ってずっと思ってきたのですが
普段からお肉や魚は安い時にまとめ買いする事が多いので
小分けして冷凍している中、ちょっといつもよりしっかり下味を付けて、調理時間を短縮しようってとこにたどり着きました。

鶏肉の作りおきマリネ

DSC_9031

時間のある時に作っておくという作りおきのおかず系は、家族不評なので
私は調理前の下ごしらえの段階での作りおきを作ることにしています。
生の状態で画像に残すのはあまり気が進まないので、あまり写真は撮ってなかったのですが
たまにはいいかな~って思って
3品の作りおき用のマリネとその中から一品「しっとり鶏むね肉の青じそ塩こうじマリネ」のレシピの紹介です。
(画像:手前の袋)

【レシピ】しっとり鶏むね肉の青じそ塩こうじマリネ

DSC_9042
レシピ しっとり鶏むね肉の青じそ塩こうじマリネ

材料(2人分)

  • 鶏むね肉:1枚
  • 【A】青しそ:8枚
  • 【A】液体塩こうじ:大さじ1
  • 【A】オリーブオイル:大さじ2
  • 【A】酒:大さじ1
  • 青じそ:2枚(トッピング用)

作り方

  1. 鶏むね肉は皮を取り除き、1~2cm幅のそぎ切りにする。青しそは千切りにする。

  2. 【A】を合わせマリネ液を作り、厚手のビニール袋に入れ1の鶏むね肉を入れてよく揉み込み、1時か1~2時間漬け込む。

  3. フライパンに2を重ならないように並べ、弱火で5分焼き、裏返して蓋をし、3分焼く。
  4. DSC_9036
  5. 器に盛り、トッピング用の青じそを乗せる。
DSC_9037

鶏むね肉をしっとり仕上げる

鶏むね肉を漬け込んだマリネには「ハママルキ液体塩こうじ」を使用しました。
塩こうじ効果でぱさつきやすい鶏むね肉もしっとりやわらかく・・・
じっくり弱火で蒸し焼きすることでさらにしっとり・・・
ちょっとしたことですがここ大事なポイントです。


DSC_9043

今回は青じそを使用しましたが
バジルを使用したり、他のハーブを使用してもまた違った風味に仕上げることができます。

下準備作りおきマリネ2品

鶏もも肉の塩こうじレモンマリネ」 「鶏むね肉としいたけの中華風塩こうじマリネ
こちら2品も近日中にレシピアップする予定です。
袋の空気をしっかり抜いて、冷凍保存も可能です。
調理前の画像は生々しくてあまり見栄えはよくありませんが・・・
豚肉バージョン牛肉バージョン魚バージョンなどもいろいろあるので、またおいおいアップしていきたいと思います。

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。