よだれ鶏ってご存知ですか?
四川料理
いわゆる中華料理です。
名前の由来は
「よだれが出るほど美味しい」という意味
だそうです。
(すごいネーミングだよね)

20180129-よだれ鶏(縦画像)

何がそんなに美味しいかというと、ラー油とか豆板醤とか辛い調味料を組み合わせたタレが本当にヤミツキになるくらい美味しいんですよね。
ちょっとピリ辛・・・夏にはピッタリな料理なのかもしれません。
ここにパクチーをたっぷり乗せて(旦那が留守の日)
パクチー好きにはさらに美味しい料理になるわけです

主役の鶏肉の下ごしらえは丁寧に

20180129-よだれ鶏(横画像)

鶏肉はもも肉でもむね肉でもどっちでもお好みのものを・・・
私はむね肉が好きなので♪
(もも肉好きの旦那が留守だったので♪自分の好みを優先)

むね肉の場合、なるべくしっとりやわらかく仕上げたい・・・ということで、ハナマルキさんの液体塩こうじに漬け込みました。
塩こうじ効果を存分に!
だいた30分~1時間くらい漬け込みます。
厚手のビニール袋に液体塩こうじと、鶏むね肉を入れてよく揉み込んで冷蔵庫で休ませます

茹でる時は、ネギと生姜と一緒に長時間茹でるのではなく、最後は予熱で火を通す感じ
ちょっとしたことですが、ここも大事なポイントです。

よだれ鶏

パクチーたっぷり!鶏むね肉のよだれ鶏 by バリ猫ゆっきー / レシピサイト「Nadia | ナディア」プロの料理を無料で検索

パクチーたっぷり!鶏むね肉のよだれ鶏のレシピはこちら
しっとりと茹で上げた鶏むね肉をたっぷりの香菜と薬味たっぷりのピリ辛タレをかけていただく
「よだれ鶏」
よく冷やしていただきました。

花椒とか加えたらより本格的ですね。
今回ハナマルキさんの液体塩こうじを使用していますが
なければ「醤油」でOK
醤油だと色も濃くなって、もっと食欲そそるかもしれません。

東京でお勉強

今日は東京でお勉強です。
(ということで、今日の記事は予約投稿)
とあるセミナーを受けに行ってきます。
初めて行くところだから・・・念入りに地図を確認中です。
(結局現地でナビを立ち上げたら、普通に到着できることですが)
なにせ、心配性なので^^;
電車乗り換えとか、必死にiPhoneのメモ機能に入力しています。
旦那に「何通りも書くから迷うんやで、これって思ったのを1つ入れとけばいいねん」と言われましたが・・・
その1つを決められないからしゃ~ないやん
(あなたの妻は、1/2の選択で必ずって言って良いほど間違った方向に行く人やで~)
大丈夫、少々困らないようにこれでもか~ってくらい早く出るから♪

「キャンプ前に大変やな」と旦那に言われましたが
なんでだろう?
全然大変って思ってない私・・・好きなことを学びに行くのってこんな楽しいだ~って、なんなら逆にワクワクしてる感じ。
学生時代、こんな気持ちになれてたらもう少し賢くなれたんかな~(笑)

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。