今日は久しぶりにカレーを作りました。
もちろんルウを使わない・・・スパイスで作るスパイスカレーです。

大掃除を兼ねて、スパイスの整理をしていたら・・・急にカレーが作りたくなってしまいまして・・・(^^)
でも冷蔵庫を覗いても肉もないし・・・(今日まだ買い物にいけていません)
さて・・・どうしようと悩んでいると
じゃがいもを豆を発見。
・・・ということで豆とじゃがいもでカレーを作ることに

DSC_2863

材料が決まったら・・・スパイス選び。
どのスパイスを組み合わせよう・・・
スタータースパイスはどうしようかな?
もうこの段階から楽しくて仕方ない♪

改めてスパイス・・・好きなんだな~って実感

スパイスで作る「豆とじゃがいものスパイスカレー」

本日のContent

【レシピ】豆とじゃがいものスパイスカレー

DSC_2867
レシピ 豆とじゃがいものスパイスカレー

材料(4人分)

  • ミックス豆(水煮またはドライパック):250g
  • 水:400ml
  • ターメリックパウダー:小さじ1/4
  • じゃがいも:3個
  • 玉ねぎ:1個
  • トマト:1個
  • おろしニンニク:小さじ2
  • おろし生姜:小さじ2
  • サラダ油:大さじ2
  • ブラウンマスタードシード:小さじ1強
  • パウダースパイス
     クミンパウダー:小さじ1
     コリアンダーパウダー:小さじ2
     レッドペパー:小さじ1/2
  • 塩:小さじ2
  • ガラムマサラ:小さじ1

作り方

  1. じゃがいも、トマトは1cm角の角切りにし、玉ねぎはみじん切りにする。パウダースパイスは合わせておく。

  2. 小鍋に分量の水とターメリックパウダー、ミックス豆を入れて中火にかけ、3分くらい煮る。
  3. DSC_2845
  4. 鍋にサラダ油とブラウンマスタードシードを入れて弱めの中火にかけブラウンマスタードシードが弾けてきたら玉ねぎを入れて炒める。
  5. DSC_2843DSC_2844
  6. 玉ねぎが透明になったらおろしニンニク、おろし生姜を加え、良い香りがしてきたらじゃがいもを加え5分くらい炒め、トマトを加えて炒め合わせる。
  7. DSC_2846DSC_2847
  8. 4にパウダースパイスと塩を加えてざっくりと混ぜ合わせ、2のミックス豆を汁ごと加えて混ぜ合わせ、フツフツとしてきたら蓋をして弱火で10分くらい煮る。
  9. DSC_2849DSC_2851
  10. 蓋を取り、弱めの中火で5~6分水分を飛ばすように煮る。火を止め、好みでガラムマサラを加えて混ぜ合わせる。
  11. DSC_2852DSC_2853 - コピー
レッドペパーは好みで加減してください。
じゃがいもが煮崩れるくらいまで煮るとさらに美味!

スパイス選び

DSC_2859

スタータースパイスとして選んだのは「ブラウンマスタードシード
クミンシードと悩んだんだけど・・・じゃがいもを合わせるならクミンシードの方がパンチがあっていいかな?って思って
クミンはパウダースパイスの中に入れることにしました。

肉類がないので今日はちょっとスパイス控えめです。

DSC_2868

スパイスの豆知識(マスタード)

マスタード(和からし・洋からし)
マスタードは主にホワイト、ブラック、ブラウン、イエローなど大きく4種に分類されます。
栽培品種としては白からし(ホワイト・イエロー)、黒からし(ブラック・ブラウン)の2種に分けられます。

市場で「洋からし」「マスタード」として売られているのは白からし(ホワイト・イエロー)のタイプで、刺激性が弱くマイルドな辛味が特徴です。
ホットドックに使われるマスタードは通常イエローマスタードが原料に使われています。

黒からし(ブラック・ブラウン)のタイプは刺激が強く、ツンとした辛味が特徴です。
日本で「和からし」として売られているのはこちらのブラックマスタードが原料として使われています。

一般的に流通しているチューブ入りの練からしは、和からしと洋からしの原料ががミックスしたものを使われていたりもします。
deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪

  にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ