今日のレシピは
インドのデザート「シュリカンド」の紹介です。

もちろんカレーの後のデザートとし頂くと特に最高!って思えるデザートですが

普段の朝食に添えたり、3時のおやつでも・・・
我が家でも特に夏場によくつくるデザートでもあります。

料理教室でもデザートで出させてもらうことも何度かありました。
作り方もとっても簡単なので生徒さんにも大好評でした。


スパイスが決め手!インドのデザート

シュリカンド1

シュリカンド


■材料(4人分)

ヨーグルト 400g

砂糖 30g

カルダモンパウダー 小さじ1/4

胡桃 7~8粒

カシューナッツ 7~8粒

ピスタチオ 7~8粒

フルーツミックス缶 1缶

ミント 適量
■作り方

1.万能こし器、またはコーヒーフィルター等を使い、3~4時間ヨーグルトを水切りをする。

2.胡桃、カシューナッツ、ピスタチオ(殻から出したもの)はフライパンで乾煎りして荒く砕く。フルーツミックス缶はザルにあげ汁気を切る。

3.ボウルに1と砂糖、カルダモンパウダーを加えて混ぜ合わせ、2のナッツ類、フルーツを混ぜあわせて盛り付け、ミントを飾る。

 




シュリカンドはインドのデザートです。
ここで使うスパイスは「カルダモン」
香りの女王、スパイスの女王とも言われるスパイスです。

サフランについで高価なスパイスでもあります。

カルダモンについて

カルダモンはショウガ科のスパイスでジンジャー(生姜)と同じくとてもさわやかで、少し刺激性のある強い香りが特徴。
原型(ホール)は外皮にはほとんど香味はなく、中の小さい種子に香りの成分である精油が多く含まれています。
そのためカルダモンは外皮ではなく中の種子を使用します。
または外皮に傷をつけたりして香りを出してから使用します。

カルダモンパウダーは中の種子をパウダー状にしたものです。
香りが強いので大量に使わず、少量使いで使用することをおすすめします。




シュリカンド2




 

**応援ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。о(ж>▽<)y **


 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ