5月25日は「みやざきマンゴーの日」って知っていますか?
マンゴー(05)食べてにっこり(25)の語呂合わせだそうです。
っていうか、本当みやざき完熟マンゴー「太陽のタマゴ」は甘くて美味しい!
一口食べたら自然に笑顔になっちゃいます。
去年、JA宮崎経済連様より、みやざき完熟マンゴー「太陽のタマゴ」が届きました。
去年初めて口にしたのですが・・・その時の味が忘れられず・・・
今年も首をなが~くして待っていました♪

20180625-DSC_2157

みやざきブランドアンバサダーを務めさせて頂いてから
すっかり宮崎の食材に魅了されてしまった私・・・&家族。
スーパーでマンゴーを見かけるたび「今年はマンゴーないの?」って息子からの催促が激しい。
そして先日、待ちに待ったみやざき完熟マンゴー「太陽のタマゴ」が届きました。

宮崎県ブランド「太陽のタマゴ」

20180625-DSC_2160

宮崎マンゴーは冬でも15度以下には下げないようにハウス内で栽培されています。
そして完熟してくると農家さんは果実1つ1つにネットをかぶせ、ネットの中に自然に落下するのを待ちます。
ハサミも使わないそうです。
それが「完熟マンゴー」です。
糖度15度以上
重さ350g以上
この基準をクリアしたものだけが「太陽のタマゴ」として出荷されます。

太陽のタマゴ

20180625-DSC_2159

マンゴーは、美味しいだけじゃなく、ビタミンC、ビタミンA、葉酸などが豊富に含まれていて
美肌、整肌、貧血予防にもなるとか♪
去年は旦那と息子にほとんど食べられてしまいましたが・・・
今年は本当なるべく均等に分けて、頂きました。
うん!今年もとっても甘くて美味しい

20180625-DSC_2166

マンゴーには真ん中に大きくて平らな楕円形の種が入っています。
実の幅が狭いほうを上にしてまな板の上にのせ、三枚おろしのようにカットします。
皮を切らないように気をつけながら、さいの目状に切り込みをいれます。
皮の部分を裏側から反り返しすと・・・花咲カットの出来上がり!

2018年は「太陽のタマゴ」の誕生20周年だそうです。
さらにめでたい!
20周年を迎えた「太陽のタマゴ」
さらに美味しくなった気がします。
いや・・・毎年美味しいのだ(*^^*)

果物の女王「世界三大美果」

20180625-DSC_2164

完熟マンゴーなので、もちろん届いた日から食べごろ!
ゆっくり眺めている時間は、言うほどありません。
今年も花咲カットで頂きました。
画像からも伝わってく来るかな~?
このジューシーさ♡

待ちに待った「太陽のタマゴ」息子は嬉しさのあまり、マンゴーが包んであったピンクの網をしばらく自分の部屋に飾っています。
(マンゴーの香りをしばらく楽しむそうです)息子よ。気持ちはわからなくないけど、網を飾るのはやめてくれ。

マンゴー | JA宮崎経済連

JA宮崎経済連
今年も美味しいみやざき完熟マンゴー「太陽のタマゴ」を送って頂きありがとうございます。

deni2

LINEでブログ更新のお知らせが届きます。
読者登録していただけると嬉しいです。

「読んだよ!」ってかわりにポチッとお願いしま~す♪


1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 
簡単料理ランキング

1クリック応援応援して頂けたらうれしいです。