ダルカレー

先日6月5日ホットペッパーグルメ!食のWEBマガジン(オウンドメディア)メシ通」にて連載5回目の記事が公開されました。
ブログからのお知らせがちょっと遅くなってしまいましたが・・・^^;


メシ通連載公開

豆カラー


今回の記事は「ミックスビーンズで簡単&本格派の「豆カレー」をつくるたった1つのコツ


もちろんルウは使わずスパイスで作るスパイスカれーです。
使用したスタータースパイスはクミンシード
パウダースパイスはコリアンダー、クミン、チリパウダー(レッドペパー)
今回ターメリックは豆の着色に使用したので別で煮ています。

ミックスビーンズとじゃがいもの豆カレー

ダルカレー材料

使用した食材は、ミックスビーンズ(ドライ)、じゃがいも、トマト、玉ねぎ
角切り、みじん切りなどサイズも小さくするので煮込む時間も短く、あっという間にできちゃいます。

ダルカレースパイス

スパイスはあらかじめ計量しておくとあとは順番にいれていくだけ!
今回はなるべくお家にあるスパイス・・・とのことだったのでスタータースパイスにはクミンシードを使用しましたが
豆カレー(ダルカレー)はブラウンマスタードシードというスパイスを使うとより本格的な味わいになります。
もちろんブラウンマスタードシード、クミンシードを両方入れてもOK

ブラウンマスタードシード

豆カレーを美味しく作るポイント

ターメリックで煮る

豆カレー(ダルカレー)は、丸く平たい形をしたレンズ豆を使うことが多いですが
その際、下茹でに塩とターメリックを加えて煮るのが基本です。
今回はドライタイプのミックスビーンズを使用したので下茹での必要はないのですが、1~2分でもいいので塩とターメリックで下茹でることでミックスビーンズでも本格的なダルカレーになります。
ひと手間ですが、ここが大事なポイントです。

レンズ豆

インドでカレーによく使われる皮なしのレンズ豆は、30分くらい下茹でする必要ですが
今回は、買いやすく、使いやすいミックスビーンズで美味しくできる豆カレーレシピを紹介させていただきました。
栄養満点の豆をたっぷり使った豆カレー。スパイスの香りと豆のやさしい甘さに、じゃがいもを加えることで食べ応えも満点です。お肉とは違うホクホクとした食感を楽しんでください。




読者登録はこちら


ブログの読者になると更新情報メールをうけとることができます。


 


※登録ボタンを押すとすぐに確認メールが届きますので確認お願いいたします。