鮭の南蛮漬け

世界一軽い、鋳物ホーロー鍋UNILLOY(ユニロイ)さんのフライパンシリーズ
炒めやすく煮込みやすい鋳物フライパン
FCD鋳鉄、フライパン底面2mm(底面以外1.5mm)と極薄のSSC 鋳物フライパンに続いての新アイテム!
UNILLOYフライパン
SSCより熱が均一に入り蓄熱性もアップし、よりスタイリッシュになったUNILLOYフライパンを使用して鮭の南蛮漬けのレシピのご紹介です。


炒めやすく煮込みやすい鋳物フライパン



SSCより熱が均一に入り蓄熱性もアップし、よりスタイリッシュになったUNILLOYフライパン
SSCよりフライパン底面2.5㎜と少し厚くなり、0.2kgほど重くはなりましたがその分、蓄熱性がアップして焼きムラが起きにくくなりました。

お手入れをちゃんとしていれば半永久的に使える鋳物フライパン
ちょっと敷居が高い?って思われがちな鋳鉄(鉄の鋳物)のフライパンですが、熱の回りが均一で、加熱が短時間ですむ上に蓄熱性にも優れてるため、余熱によって中までしっかりと火を通すことができるのが強み。

大事に使えば普通のフライパン(テフロン)よりも長く、半永久的に使える優れものです。
UNILLOYフライパンと出会いまた、以前に増して鋳鉄、鋳物フライパン熱が再加熱した私です。

【レシピ】鮭の南蛮漬け

鮭の南蛮漬け

材料(3人分)

材料(3人分)

  • 生鮭:3切れ
  • 蓮根など根菜:10㎝くらい
  • 白ネギ:1~2本
  • 塩コショウ:少々
  • 小麦粉:適量
  • 【A】だし:120ml
  • 【A】酢:80ml
  • 【A】薄口醤油・砂糖:各大さじ2
  • 【A】みりん:大さじ1
  • こめ油(またはサラダ油):大さじ1~2


作り方

作り方

  1. 鮭は塩コショウを振り、小麦粉をまぶす。蓮根は皮をむき、半月切りに切り5mm幅くらいに切る。ネギは3~4㎝幅くらいに切る。
  2. 下ごしらえ
  3. 【A】を合わせて漬けだれを作る。
  4. フライパンにこめ油を入れて熱し、蓮根、ネギを焼き色がつくまで焼いたら取り出し、鮭を両面焼く。
  5. 根菜を焼く
    鮭を焼く
  6. 3を2に10分くらい漬ける。
  7. 漬ける


ユニロイフライパンのお手入れ

ユニロイフライパン

ハンドルは握りやすい角度で一体成型で長く、素手で持っても熱くなりません。
SSCはハンドル(取手)の裏側に穴があいているのですが・・・何気に底に水が入るとサビが心配でしたが(よく拭き取る事が必要です)ユニロイフライパンは穴がないので、お手入れもさらに楽になりました♪(私にとってはそこが一番うれしい)

使用前の準備とお手入れ方法

  • 食器用洗剤で全体を柔らかいスポンジなどで洗う。(洗剤を使うのは後にも先にもこの時だけ)
  • 油返し(油慣らし)をする。
     ・フライパンを火にかけ、十分に温める。
     ・食用油を1カップ(1/2カップ~1カップくらい)を注いで、全体に油をなじませる。
     ・かすかに煙がでてきたら火を止め、はオイルポットなどに移す。
     ・乾いた布やキッチンペーパー等で、拭き取る。
  • 調理に必要な油を入れて、通常通り調理する。
  • 調理後は、フライパンが温かいうちにお湯とタワシ(ササラなど)でこするだけ。
    洗剤は使いません。乾いた布で拭いて、さっと火にかけて完全に水分を飛ばす。
  • しばらく使う予定がない場合は、フライパンの表面に軽く油を塗ってから新聞紙などに包んで保管

しっかり手入れして使用すれば、10年でも20年でも長く使えるのが鋳鉄フライパンのすばらしいところ!
ユニロイさんのフライパンは塗装が剥がれた場合、再塗装(リペアサービス)を有料ですが承ってくれます。
お手入れに迷ったり、処分する前に一度窓口に相談してみてください。


↓鋳物、鉄製のフライパンのお手入れにおすすめ!

鋳物 鉄製 調理器具のお手入れ メンテナンスグッズ 太陽のワックス 50g缶【シーズニング スキレット ダッチオーブン 鉄鍋 日本製 パエリアパン ルクルーゼ ストウブ 錆防止 自然素材 鉄鍋 木製食器 まな板 鉄 保護 ククス アイアン 錆 さび止め 錆防止 Staub 鍋】

楽天で購入

「ひまわりオイル」「蜜蝋(ミツバチの巣)」を主原料として製造する天然成分でできた、環境に優しいワックスです。
ダッチオーブンやスキレット等の鋳物、バーベキューグリル、焼き網、ナイフや手斧等の鉄製品類、木製クラフト・木製食器、木製まな板、木製品、皮製品など利用可能



ずっと放置状態だったInstagramをここ最近マメに更新するようになりました。
まだ投稿数もすくないし、消すかどうかわからない超過去画像とかもありますが・・・
お時間のある方、覗いてみてください。
そしてもちろんフォローしていただけたら超うれしいです!